2013年02月02日

パリの花屋さんは大人なスペース

お待たせ!やっと花屋篇アップです
あっという間に一週間経ってしまいましたぁ・・・
今回一番素敵だったお店 
最新のフローリストのパリ特集にも載っていました
花が好き!が伝わるシャイなオーナー
クロ・ド・リラ049.JPG
まず店全体の統一感 花は色別でした051.JPG

  050.JPG

私をくぎ付けにしたアネモネ053.JPG

普通にキャンドル054.JPG

器もセンスいいセレクトで当たり前のようにディスプレイ055.JPG

フリンジのシクラメンのブーケ056.JPG

リーフの焼き物が何気なく置いてあります057.JPG

Qちゃんカラーが当たり前のようにブーケで・・・058.JPG

10本束のチューリップもさりげなくラフィアで束ねてあるところが
彼の繊細な気配りです060.JPG

モルセラとアマリリスのブーケ059.JPG

紫のコーナー061.JPG

工作ものも お得意のようです064.JPG

大きい花器もありますが 小さいものもこんな風に売られています
065.JPG

カルチェラタンの角っこにあって 街並みに溶け込んでいる美しいお店です
   063.JPG

次は 日本のフローリストを魅了しているイケメンフローリスト
残念ながら本人はいらっしゃらず〜
エリックショバン088.JPG

春の鉢もの厳選089.JPG

1本ずつ売っている花もディスプレイされています090.JPG

なんといっても品目は少なくてもドッカーン!ボリューミーが美しい!
091.JPG

      094.JPG

やはり色別093.JPG

               092.JPG

095.JPG

パリでは よく見かけるいわゆるきのこ(ひょっとしてマッシュルーム?)
         096.JPG

唯一ここで見たドッカーンじゃないニュアンスバラ097.JPG

今年は 日本進出の元クリスチャントルチュのスタッフでなさっているローズバット
この日の店内は 明るい色の花で076.JPG

お店にはほとんど花はなく 地下に作業場があり そこにあるそうです
そこは撮影禁止でした
このアネモネもいいよね〜077.JPG

イブピは不滅です!?078.JPG

ご注文の花束
こちらのポピーは とにかくデカイ!079.JPG

  080.JPG

リボンじゃなくどうも日本の水引っぽいのだけれど?081.JPG

春のすみれのブーケも・・・082.JPG

こんな子もいました085.JPG

店内は実にノーブル084.JPG

静かな小さい通りにお店があります087.JPG
日本進出の際はぜひ!と営業したのですが なんと大阪のホテルだそうです
残念ですが 東京へいらしたときは 寄っていただきたいですね
バリバリ日本語の名刺渡してきました
ホールセールマーケットのプレジデントです!と言いましたよ

撮影不可だった花屋さん086.JPG

オドラントのショップは 今忙しいようでお休みでしたが
雪の日 犬を連れて雪かき中
そしてランジスで
2回も偶然お会いしました
・・・ので ちゃんとこれまた営業してきました
東京へ来た際は・・・と!

次は マレ地区のクリスチャン・コランへ029.JPG

パリの春は まさにミモザでしょ031.JPG

     038.JPG

そしてヒアシンス032.JPG

店内の真ん中のテーブルは春色のブーケでいっぱい!034.JPG

またデカポピー発見!033.JPG

このアネモネも萌え〜るわぁ035.JPG

ラナンもこんな子が・・・かわゆす〜036.JPG

  037.JPG

こちらは親子でやっている小さい町の花屋さんと言った感じです
ジンク・ド・フルール066.JPG

こちらもアネモネ067.JPG

優しい鉢ものも068.JPG

手作りのワイアーショップネーム069.JPG
ここもフローリストに載っていたのですが それをパパさんにお見せしたら
えらく気になったらしく 全部見終えるまで 返してくれなかったです・・・

次は 先日までシャネルの花をやっていたというお店
ショップカードまでいただいてきたのに 読めず・・・
こちらのツゲは すごいきれいです070.JPG

向こうの人はアザレア好き073.JPG

例のビッグピット&猫柳071.JPG
パリでは猫柳は当たり前にどこのお店にもあります

白いブーケ072.JPG

チューリップもこだわりの品種で075.JPG

こちらも町の花屋さん風082.JPG

店内の春らしいディスプレイ001.JPG

お休みだった鉢もの中心の感じのお店も002.JPG

パリでは 一世を風靡した花屋さんも 結構店を閉じています
同じように大変なんですね
一方 モンソーフルールのようないわゆる量販店が増えていました
モンソーはできたときパリで実際に行って花束を作ってもらったのですが
今はかなり いろんなレベルも低下していて 魅力に欠けていました
残念なことですが 今はパリですら お花にはお金はかけられないと言った感じです

でも がんばっている花屋さん達のお店は
みな 自分なりのセンスを最大限に発揮して
花と生活を美しく楽しむ空気でいっぱいでした
花屋さんこそが 大人の遊び場のようなパリ
日本でよく見かける(私は大っきらいな)子供っぽいピックやハデなラッピング用紙や
テカテカなリボンなどは かけらも見当たりませんでした
だって 花を楽しむには 不必要ですもんね
日本でも がんばっているQちゃんのお客様たちは
いつも自分のセンスと技術を信じています!
今 フローリストたちに必要なのは マネではなく 自分らしい店を作る努力です
どんなお客さまにアピールしていくのか
そんなことを踏まえながら 自分らしい店を 
もう一度思いかえしてみるきっかけにしてくだされば うれしいです!

パリ出張報告は これでおしまいです!
長々とありがとうございました!

posted by q-cafs at 10:30| Comment(0) | パリ報告

2013年01月29日

ベルギー・ブリュッセル篇

010.JPG
弾丸ツアーのブリュッセルは ちょっと観光バージョンで・・・
世界で一番美しい広場 と言われているグランプラス
久しぶりに見た太陽のもと そりゃもう美しかったです
011.JPG
          014.JPG

ベルギーはリネンも有名016.JPG
そしてレース017.JPG一枚くらい欲しかったなぁ
                018.JPG

コミック タンタンでも有名
さてクイズ!一緒の犬の名前は?019.JPG
こんな風に街の至る所にタンタンがいるんです
(答 スノーウィでした)

実は小さかった超観光スポット小便小僧025.JPG
地元の小学生の遠足でもいくらしい!ね?ちっちゃいでしょ!?
こちらは地元のチョコレート屋さん
色とりどりの小便小僧 妙に笑える!020.JPG

これぞベルギー 超高カロリーワッフル!022.JPG
食べたかったんよ〜

これぞベルギービール!031.JPG
うまい!つまみはなんといっても フリッツ(ただのフライドポテト)

画廊です!
なんとも絶妙な色使い041.JPG

もちろん花屋さんも見てきましたよ
若いシャイな男性のお店045.JPG
  046.JPG
出来合いブーケ048.JPG
鉢ものが多かったような?049.JPG
  050.JPG
                          052.JPG
        053.JPG

ランを使ったアレンジは どこのお店でもあります051.JPG
 054.JPG
            055.JPG

ベルギーは ぜひ また行きたいわぁ
次はブルージュにも!
ワッフルがもうどうしても夢に出てくるぅ!
posted by q-cafs at 16:44| Comment(0) | パリ報告

2013年01月27日

ランジス市場

やたら広いランジス市場
でも さすがにフランスも花業界活気が薄れ気味をひしひしと感じました
有名花屋もつぶれたところも多く
町のディスプレイも花はほとんど飾られていません
前回から見ると
なんだか悲しい状況でした
市場も ずいぶんと寂しい感じ
唯一1社元気なところがありましたが
かなりの大手 鉢ものも資材も切り花も・・・と手広くやり手感いっぱい!
まずは鉢もの
春の球根003.JPG 
 004.JPG
           005.JPG
006.JPG
ブラウンさん風球根007.JPG
008.JPG

ツゲ天国009.JPG
            013.JPG

微妙な寄せ植え葉物セット015.JPG
016.JPG
ダスティミラー014.JPG

ビバーナム012.JPG
ミモザは今が飾りどき どれもきれいです
011.JPG
    018.JPG
               019.JPG
日本の枝の鉢ものの産地さんは なんてヘタなのか?不思議です
 
タイム017.JPG

ミニはどうもデンマークの産地さんらしいです021.JPG
かわいいのぉ020.JPG
  022.JPG
超ちっちゃいガーベラ023.JPG
フリチラリアもミニ024.JPG
ミニカンパニュラ025.JPG
カランコエもミニ026.JPG
バラも027.JPG
クチナシも028.JPG
白いジャスミンも029.JPG
すべて トヨタサイズ(っていえば分かる?)

観葉も みなさん結構買ってました 寒いのにね〜
032.JPG
ただポンっておいてあるだけ033.JPG
お〜コウモリラン034.JPG
ゲテ風和風?035.JPG
037.JPG
種類はほとんどいっしょよね

バンダ吊り038.JPG
ランは勝負にならず 雑!
039.JPG

資材は こんな風にアンティークものを扱っているところもあって 
資材の会社の数とバリエーションはすごいわね〜
切り花や鉢ものよりそっちの方が充実しているくらい
まずは九官鳥のお出迎え068.JPG
069.JPG
  070.JPG
              071.JPG
箱ほしい〜072.JPG
イースターも あちらでは重要らしく
結構はまってしまったハデでかわいい装飾物073.JPG
どうしても欲しい苔の箱入り075.JPG

いよいよ切り花
しまっていたけれど こんな風なお店も・・・
067.JPG

パリの街のようにならべていた技ありの店
ちょっと感動!041.JPG
           007.JPG

ラナンキュラス他春の球根もたくさん!052.JPG
 053.JPG
 055.JPG
            056.JPG
ガーベラ057.JPG

バラはどうもニュアンスが・・・ドッカーンタイプのみ058.JPG
この色はきれいでした どうももう日本に登場しているようです
066.JPG
ライラックはやはり美しい!060.JPG
おや?アゲラタム061.JPG
ボけっちゃってるけど枝ものコーナー062.JPG
季節感なしなフロックス064.JPG
切り花のシクラメンは当たり前のようです065.JPG
昔こうしてガーベラが輸入されてたんですけど もう知らないよね
006.JPG

台車は3段重ね008.JPG

ミモザがホントきれいでした009.JPG

優しい色のアネモネがいろいろ011.JPG
015.JPG

一番ウケた小猫柳!?040.JPG
丈は30センチ小さいねこがびっちりついてます

椿も当たり前に葉物039.JPG

もたなくってもなくてはならぬ春のすみれのブーケ042.JPG

ボルドー色のユーカリ014.JPG
ビバーナム013.JPG

こんなバンダも012.JPG

不思議なものを多く見かけたお店がここ031.JPG
でもスタッフがいな〜い!
ヘデラベリーももりもり030.JPG
斑入りのピーリス038.JPG
こんな巨大ピットスポラム035.JPG3メートル越えもある!
これはもしや…?苔梅032.JPG
モスの一種?033.JPG

切り花ブースにて ハテナな資材?花材?
017.JPG
  018.JPG
何かの皮?019.JPG
いわゆる竹筒に絵を描いている!?愕然!020.JPG
またまた欲し〜い!箱!箱!箱!021.JPG
ここもやはり木ブーム024.JPG
そして季節がらなのか白樺はいたるところにありました
025.JPG
                        026.JPG
            027.JPG

市場で売っていた出来合いブーケも色別です
そのままスーパーで売るのかな?002.JPG
    004.JPG
裏側はこんな風003.JPG
お値段はこれ005.JPG
今だと800円くらいです
posted by q-cafs at 13:07| Comment(0) | パリ報告

ひとやすみ・・・猫

今回は大雪だったので ねこもほとんど出会えず
前回のときは やたらねこに出会ったのだけれど・・・
ランジスの鉢の卸やさんの看板ねこ?
042.JPG

お休みの店の中に一人お留守番していたねこ
退屈だったらしく すぐ窓越しながら遊んでくれました
   004.JPG

フランス版ねこ草__.JPG

我が家のおちびのためのお土産
ネコ型のねこのえさ__.JPG

もっといろんなパリねこに出会いたかったぁ〜
posted by q-cafs at 11:51| Comment(0) | パリ報告

朝市の八百屋さんは 超オシャレ

011.JPG
野菜やフルーツが美しいパリ
なぜに日本はスーパーでパックされちゃっているものばかりなの?
レンヌの朝市で 一軒だけ妙に技ありオシャレな八百屋さん発見!
将来は 野菜とフルーツもやりたい身としては うれしい参考!
   010.JPG
            012.JPG
  013.JPG
  014.JPG
ね?きれいでしょ?015.JPG

不思議野菜
キャベツらしい017.JPG
どうも仏手柑のよう018.JPG
ナスのヘタがきれいなグリーン019.JPG
妙に小さいラフランス?&黒いトマト020.JPG
ハーブ022.JPG
すご〜くおいしかった素朴な味のジャガイモとオニオンのパンケーキ021.JPG
日本語で書かれていたアヤシイはちみつ もちろん買ってきましたが
023.JPG
posted by q-cafs at 11:16| Comment(0) | パリ報告