2017年06月11日

チースなめてました・・・

こんな案内をいただいてDSC07833.JPG
市場のチース担当の道雄こと菊池君に誘われて
初チースのハウス!
場所は小淵沢DSC07822.JPG

流石に晴れ女!雨降りそうで降らない!って感じ
なんといっても初チース!
こちらは育種をなさっている種苗会社さんの試作品種の展示です
お〜カラフル!DSC07814.JPG
こちらでは シネンシス系スターチースいわゆるハイブリッドチースを
チェリーブロッサムと呼んでおりました
実は 初耳!?
たくさんの試作品種をひとつずつ つきっきりで説明してくださる熱心さ
くすみオレンジDSC07815.JPG

黄色やピンクはあまり得意でないためオレンジ系に目が行くDSC07817.JPG

  DSC07818.JPG

赤系もかなり充実してきていていつかは黒や茶色もでるかも?
DSC07823.JPG

  DSC07832.JPG

  DSC07819.JPG

ピンク系も かなりのグラデーションありDSC07824.JPG

咲き方もいろいろで じ〜っと見ると 星形 リバーシブル 外側の色抜けなど
見出したら止まりません

チェリーブロッサム系に関しては 昔の花屋さんであるワタクシなどは
ななな〜んて野暮ったい花なの〜?なんていうのが
ぬぐえずにいたのですが 今年お店に置いてみたところ
ものすごい反響と売れ行きに かなり愕然となったのね
確かに 今現在は 空前のドライブームで
スワッグだのリースだのが たくさんの作られ 飾られている!
色がかわいいうえに ドライでの色残りもいい!
このチェリーブロッサムが 若い人には かなり新しく感じたのかも?
実は この花 季節の花なんですよ〜
4月中旬から 6月いっぱいくらいまでの出荷です
あの カサカサする花の音も 季節感いっぱい!っていうわけです
案外 知られていないことですよね
そして こんな風に生えているDSC07821.JPG

大体一株に30〜40本ほど立つらしいです
結構衝撃的な立ち姿でした・・・

一方一年中見かけるシニュアータ系のチース
このハウスもちょっとだけ見せていただきましたDSC07820.JPG

もう見せたくないくらいに 終わりに近づいているそうですが
見たこともない色合いが・・・
な・な・なんなの〜?
たくさんの食いつきカラーがありました!
お店でも展示しましたが そりゃも〜かわいい色が・・・
ここは 育種しているハウスのため 
ここから産地さんが 苗を買って下さらないと
生産には至らないのです!
あ〜も〜誰か作って〜!!!という悲鳴を上げつつ
今後のチースに妄想が膨らむワタクシ
カラーバリエーションにマッチしたミックス出荷!
茶色や黒や真グリーンのチース!
こちらでは 7月5日〜7日に こんどはシニュアータ系のオープンデー開催するそうです
  DSC07834.JPG
ご興味ある方は ぜひ松橋まで!

その後 近くの産地さんへ
JA信州諏訪原村共撰所に所属されています
トルコキキョウが本職のようですが
さすがトルコキキョウの産地さんです
ハウスがきれい!DSC07826.JPG

電光赤華DSC07830.JPG

 DSC07832.JPG

    DSC07831.JPG

ピンク系もDSC07828.JPG

  DSC07827.JPG

きゃめるも少し作っていたそうですがもうおしまい!
来年は 少し増えるみたいです

そしてこちらのTSメリクロン株式会社さんでは
こんな面白い花も!DSC07825.JPG
八重のエキナセア
明日ちょっと来るんです!

育種している若い方々の この花に対する愛情と情熱には
本当に頭が下がりましたし
なんとか 彼らの努力に対して 報いたいと思いました
小さな仲卸に 何ができるか?
できることなどないかもしれないですが
できる範囲で 彼らの作ったチースを チェリーブロッサムを
もっと広めていければとおもいました!
今年は あとちょっとの出荷ですが ぜひ お手に取って 使ってみてください!
使った作品など インスタにでも アップしていただければ
育種している彼らにも 励みになると思います!

久しぶりにカラフルかわいい花に 心動かされたワタクシでありました
産地さん!誰か 作ってみませんかぁ〜???

posted by q-cafs at 19:41| Comment(0) | 産地情報

2016年09月01日

太陽が近いみなみ信州へ!

DSC05290.JPG
ワタクシ 暑いのキライ!なもので
暑い時期は ヒマでも 極力出張には出ないのですが
クレマチスを見るには もう時間がない!
・・・ていうことで 8月最終日 ワタクシの第二の故郷と呼んでいる
みなみ信州へ!
みなみ信州は いわゆる共撰ですが
ほかにも 堀木園芸 萬華園 片桐花き園など 個人の産地さんも
いい産地さんが多いところです
今回は みなみ信州の農協さんの案内で
松川町を中心に クレマチスの産地さんの畑を見てきました
ここは 本当に 太陽が近い!
日焼け大敵の ワタクシにはチトつらい・・・

なんてったって 往復約7時間
運転は ご一緒してくださった世田谷花きの小幡君!
運転しないだけでも 疲れ方が違うからね〜・・・
8時過ぎに出発!そして 
夜7時には 長崎から来てくださったスカビオサの野田さんにお会いしなければならず
みなみ信州にいた時間は 約3時間ちょい!
まずは ブルースターでの第一人者の池田さんへ
池田さんとの付き合いは もう古く 世田谷開場以来です
ワタクシのささやかなお願いから始まったみなみ信州でのクレマチス栽培
神奈川のクレマチスの育種家の竹間さんへも ご一緒して
なんとか 春〜夏のクレマチスの出荷が 安定したものになるようにと
始まりました!
高すぎず 買い求めやすいクレマチスを!と 
今年あたりから 順調になってきました
出荷できるようになるまでに早くて3年かかるそうで
それが やっと今年実を結んだのです
池田さんは やはり生産者さんとして キチっと仕上げる人
品質の高さや 完成度は やはりハンパないんです
麻里やロウグチは 池田さんの出荷です
紫色の極小輪のジルバも かわいい!
そちらは インスタグラムにアップしました
池田さんのところでも 常時クレマチスの種を出荷できるように
お願いしてきました
池田さんは 将来に前向きで 話好き!
クレマチスのついて 語り合ってばかりで
例のごとく画像がない・・・
秋には 秋らしい色合いのクレマチスを 今探してくださってますよ

そして 2件目は 松下さん
こちらのクレマチスも 雰囲気あるレティキュラータや ボタンヅル 仙人草
ダッチェスなどを 作ってくださっています
まじめな方でしたよ〜
ボタンヅルDSC05286.JPG
太陽に光る種が 美しいのですが
葉っぱに サビが入ってしまい チョット出荷できず・・・
そして仙人草DSC05287.JPG
どういう長さで出荷するか どの段階で出荷するかなど
難しさが多い品種ですが とにかくほしい品種です
  DSC05288.JPG
この子たちの 種も 出荷できるようにお願いしておきました
ほかにも白のクレマチス いろいろさがしてくださっているようですよ

松下さんのところにも アナベルの畑がありましたが
アナベルは 相当出荷するときに手間がかかるそうで
みなみ信州のアナベルオータムは 7月からお盆までの産地さんで終わってしまったようです
みなみ信州の 危ういことは 後継者不足です
どの産地さんでも 同じ状況かとは思うのですが
高齢者率が 高く 若い人たちが 本当に少ないです
ワタクシは このみなみ信州の花が大好きです
技術の高さも 申し分ないです
でも それを伝える人がいないのです

そして ワタクシが みなみ信州と出会った頃に比べ
ダリアを中心に作付するようになってから
あの頃のような 季節感あふれる品目が どんどんなくなってしまっていることに
ものすごく危機感を感じ 失望も少々し始めています
ヒペリカム 今回のアナベルオータムなど
すっかり 姿を失ってしまいました
太陽が 近く 朝晩の気温差があり そのうえ生産技術の高さ
あとは 何をどのように生産していくのか
共撰であるがゆえの 歯がゆさが 増えていっているような気がしています
以前は 共撰であるがゆえ 高低差を活かしたリレー出荷が
魅力でした
作りたい花を 作っていただくことこそが 一番重要ではあるけれど
求められているいわゆるニーズと 自分たちの産地としてのプラスの個性を
常に考えていける産地に また 戻ってほしい!
ということを 農協の方にも 産地さんにも
口を酸っぱくして 言いつづけてみました
図々しかったでしょうかね〜・・・

最後には みなみ信州と言えばこの人でしょう!という松下賢治さんのところへ
山のてっぺんみたいな 標高900メートルのところで
ヒペリ つるうめ ハイドランジア 鶏頭のハンギングなどを
作っていらっしゃったのですが 3年前胃がんになり
摘出後体力の低下で 生産は 奥さまに・・・
ヒペリカムで いっぱいだった裏山は もう雑草が伸び放題
今年80歳になられるけんちゃん!
弱気になっているけんちゃんに ハッパをかけに行ってきました
昔話を少し!でも もっと未来を見てまた生産をしてほしい!
生産はむりでも 農業指導をしていってほしい!
さっき書いたような みなみ信州に対する思いなど
いろいろと話をさせていただきました
相変わらず おいしい漬物とたくさんのおいしいものとお茶
ひっきりなしに出してくださる奥様のスゴ技!
ずっと変わらないけんちゃんちのおもてなし!
今度は ゆっくり行くね!

愛するがゆえの 歯がゆさを抱えつつも
クレマチスの生産に踏み切ってくださった3人に
大きな感謝を 伝えられました
それだけでも 今回の出張は よかったんじゃないかと
自己満足かな?

ハードな時間わりに付きあっってくださった農協の坂巻さん
池田さん 松下さん けんちゃんと奥様
ありがとうございました!
同行してくださったオバティも ありがとう お疲れさま!

最後には できたばかりの直売所もなりんで お買い物
  DSC05285.JPG
もなりんの も は桃 な は梨 り はりんごだそうです
どのフルーツも おいしいみなみ信州でした!
posted by q-cafs at 17:17| Comment(0) | 産地情報

2016年06月20日

千葉へひとっとびメロディ

IMG_0756.JPG
7月1日から お客様のジェンテさんにて
青木園芸の青木良平君をお呼びしての 青木園芸フェアを
行うことになり ワタクシも 
図々しく 打ち合わせに同行いたしました!
ちょうどハイドランジアの美しい時 すっかり美しさに酔ってきました〜
ハイドランジア生産を始めて 早12年
当時のワタクシが 描いていたハイドランジア畑が
今回そのまんま そこにある!という鳥肌が立つようなハウスになっておりました!
それがこのハウスIMG_0765.JPG

  IMG_0764.JPG
ど〜お???
もうすごいキレイでしょう!
とりあえず撮った画像集?IMG_0763.JPG

  IMG_0762.JPG

       IMG_0760.JPG

咲き方が かわいいですが ガッツリ!固めの花びらです
IMG_0759.JPG

これは交配用IMG_0758.JPG

  IMG_0757.JPG

このグラデーションIMG_0756.JPG

    IMG_0754.JPG

青木園芸さんの番犬君が 亡くなってしまい 
よく吠えられたわ〜なんて 思い出していたら
おニューのかわいい番犬君 甲斐犬の血を引くその名もかいくん!
番犬ですが 妙に人懐っこい!IMG_0752.JPG

子供なので も〜遊んでほしくってたまらない様子IMG_0751.JPG

ハイドラ移動中!どこのかな〜?IMG_0766.JPG

ハーブゼラもIMG_0768.JPG

グリーンミストIMG_0767.JPG
グリンミストは 露地のほうが もつそうですよ

そして 今日皆さんをトリコにしたクチナシIMG_0772.JPG

残念ながら今年いっぱい・・・
虫がすごくて ハイドラが心配だそうです
たしかに モンシロチョウが いっぱい舞っておりました
  IMG_0771.JPG

反対はしてみたけれど?IMG_0773.JPG

夏用カラー クリスタルクリアIMG_0761.JPG
他色は 秋以降だそうです

ダウカスもドーン!露地IMG_0770.JPG

そして今年の4月のフェアの時の報告書IMG_0774.JPG
きちんと書かれていて 皆さんも読んで勉強なさっているそうです

毎朝のQtubeも 恥ずかしながら 大画面で見ているそうで
いや〜 もう少し まじめにやります!(きっぱり!)
とっても楽しい時間でした!
ありがとうございました!!!
並木さんのお店で 良平君の花への思い
たくさんの人に伝えてくださいね!

そして その帰り
ワタクシのわがままで ブーゲンビレアの石井園芸さんへ
寄らせていただきました!
そうです!あの白いブーゲン壁掛けの産地さんです
行ってみたくって しようがなかった産地さんです
去年は少なくて 皆さんにご迷惑をおかけしましたので
今年は30鉢!しっかり予約しました!
すご〜くきれいに仕上がってますよ〜IMG_0776.JPG

場所とるんですよね〜IMG_0777.JPG
も〜本当にすみません・・・
ほんの遊びからできたこの白の壁掛け
う〜んも〜 ステキな遊び♪
7月の趣味の園芸に 載っているそうですよ!
白の壁掛けも!
うふふ・・・でも Qちゃんにしか並ばないんです!
石井さん!やはりとても まじめでいいかた!
すっかりファンになってしまいました
ブーゲンでこんなに幸せな気持ちになるって
ちょっと 思ってもいなかったです!
でも 夏は やっぱりね!って思えてきました
珍しい八重の花も あさって少々並びますIMG_0775.JPG
その後も できしだい仕入れます
白の壁掛けは 来週からの入荷予定です!
予約承り中!

そんなこんなの2つの産地さんの出張ながら
とんでもなく濃い〜出張でした

青木園芸さんでは 今後のハイドランジアの売り方についても
お願いをしてきました
中小リンを 多くしていただくこと!
小売りのお客様が多いQちゃんならではの
商品構成にしたいと思います!
小売りでは 大輪は なかなか使える機会が少ないですもんね
また ご要望などありましたら どうぞ遠慮なく松橋まで
お伝えください!
青木園芸とQちゃんの絆は まだまだ太いですぞ!

ジェンテ並木さん 青木君ご夫妻 スタッフの方々 石井さん
皆さんお忙しい中 本当にありがとうございました!
ワタクシ 本当に幸せな一日でした!!!

posted by q-cafs at 16:30| Comment(2) | 産地情報

2016年05月22日

東京の和花を求めて

今度の水曜日は 和花フェア
なんといっても ワタクシ和もの大好き!であります
昨年も玄艸園さんをお呼びして 実施したのですが
今年は 彼と日程が合わず 玄艸園さん中心ではありますが
東京の和花を 今回集めに 練馬と小平市へ行ってまいりました!
初めは 本橋さん!
大人気の三つ葉しもつけDSC04593.JPG
まだちょっとだけ のこっていましたが
この週末の暑さで咲いてしまっていたら なし!です

ほかにも 中国うつぎDSC04594.JPG

谷中ボンタンDSC04595.JPG

そよっとしたモミジやネグントカエデや 不思議な多肉みたいなものも
いろいろとやってきます!
そしてすみっこにあったこの姫とくさの寄せ植え?
・・・って〜か勝手に寄せ植えになっちゃっていたかわいい子
  DSC04597.JPGゲットです!
売りたくないほどですよ〜!

次は はっきり言っておじいちゃんおばあちゃんおふたりで
長年和花生産をしていらっしゃる佐藤園さん
元気で チャーミングなお二人のお話に
大笑いです!DSC04598.JPG

お話に夢中になって 画像がこれだけで またやっちゃいました・・・
ホタルブクロや 珍しい斑入り山帰来 ミニギボウシなど
通にしかわからないようなものも やってきます!
今までのフェアと比べると あまりにもジミかもしれませんが
切り花のお客様は 結構和花好きが多いですよね!
三つ葉しもつけの育て方なども
伝授していただいてきましたので
ぜひ 聞いてくださいね!
東京の出張は 楽だわ〜
日帰りでも らっくらく〜!
今週は 愛知日帰りが待っておりますが・・・

東京での花生産は 並大抵のことではありません
好きだからこそ 続けていけるのだと思います
本橋さんは もともと豊明花き 東蘭の社員だったそうです
市場事情にも詳しいです
どちらのご夫婦も とても仲良く お互いを尊敬し
ラブラブハート(トランプ)
これこそが 秘訣なのかもしれませんね!

posted by q-cafs at 15:17| Comment(0) | 産地情報

2016年03月03日

千葉 青木園芸へ

今年も青木園芸を訪問してきました。
海ほたるで朝焼けを堪能しながら、お腹を満たして万全の状態で無事到着。

2016-03-03 09.19.00.jpg

まずは、あちこちで話題になっているラナンキュラス ポンポンシリーズのハウスへ。

こちらは、ハーマイオニー

写真 2016-03-03 7 39 17.jpg

写真 2016-03-03 7 41 22.jpg


フローラ

2016-03-03 07.48.04.jpg


シレンテ

2016-03-03 07.48.56.jpg

個人的に一番好きな色味です。

これらポンポンシリーズは、もともとイタリアで作られたもので、同じ品種の球根の中でもバラつきが結構あり育てるのが難しいとのことでした。


途中、青木園芸オリジナルのおいしい珈琲をご馳走になりつつ、続いてハーブゼラニウムのハウスへ

ハウスの中に入るとゼラニウムの香りでいっぱい。本当に心地よい空間です。

2016-03-03 09.12.44.jpg

こちらは、チョコワッフル

写真 2016-03-03 7 29 51.jpg


そして、新作のモヒート。
薄ピンクの小さな花が可愛らしい! つぼみも素敵です。

写真 2016-03-03 7 30 53.jpg


先代から続くレースフラワーもたくましく育ってましたよー

写真 2016-03-03 7 36 45.jpg


レースフラワーは育てるのに他の品種以上に手間がかかるとのことで、人員などのことも考えると生産を止めてしまう可能性もあるとおっしゃっていましたが、ぜひぜひ続けてほしく思います。

ハイドランジアは今の季節、新芽が出始めた段階で、これからの季節にむけて力をしっかりと蓄えている最中でした。昨年も大好評だったリース用のハイドランジアboxは今年もまた出荷して頂けるとのことでした。



短い時間でしたがありがとうございました。
また今年もフェアにいらした時にお話しましょー
ではでは。
posted by q-cafs at 19:10| Comment(0) | 産地情報